スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

バンクーバーでの女子フィギュアスケートの視聴率は高かったですね

今思い出してもバンクーバーオリンピックのフィギアスケートは
見応えがありました。その視聴率というものが物語っているよう
です。

バンクーバー五輪も終わってしまいましたが、
私が一番注目していた競技の女子フィギュアスケートの視聴率が
大分前に発表になっていますね。

ビデオリサーチ社の調べによるとNHKで2月26日のお昼に放送された
浅田真央選手と安藤美姫選手らが出場したフィギュアスケートの
女子フリーの平均視聴率は、関東地区で平均36.3%、
最高が46.2%を記録したそうです。

これはかなり高い視聴率と言えます。
それだけ日本国民の関心が高かったことが分かりますし、
私をはじめ私の周りのほとんどの人がテレビにくぎ付けで
放送を見たと言っていることからも多くの人が注目していたことが
わかります。

色々物議をかもしたフィギュアの採点方法など、
すっきりしない部分もあるのですが、
とにかく真央ちゃんはトリプルアクセルをショート・フリー合わせて3つも
成功させたという実績は残っていくわけです。

それどころか男子フィギュアの銀メダリストのプルシェンコが
真央ちゃんの才能を認めて、彼女なら4回転もできると
話しているらしい、という事を聞いてとてもうれしくなりました。

もしかしたら五輪で金メダルを取ったキム・ヨナ選手は
現役を引退してしまうかもしれません。

でも真央ちゃんには目標を見失わずにソチへ向けて
前人未到のスケートを見せてくれる事を期待したいと思います。

日本人の選手達は、新人も頭角を現して、活躍してくれること
でしょう。楽しみです。

浅田真央、18歳

スポンサーサイト

フィギアスケート トラックバック:- コメント:-

バンクーバー冬季五輪での様々なドラマ

バンクーバー冬季五輪では様々なドラマがありました。そのなかでも
フィギアスケートは日本中が期待していた種目ですね。メダル7個と
いうのも前回よりは良いのでしょう。

バンクーバー冬季五輪に出場した日本選手団が3月2日に帰国し、
メダルを獲得した7選手は、都内のグランドプリンスホテル新高輪で
橋本聖子団長とともに記者会見を行い、フィギュアスケート銀メダルの
浅田真央さんは「嬉しさ半分、悔しさ半分」と笑顔を交えて報告してい
ましたね。

浅田真央、18歳

感動させていただき、ありがとうございました。
わたしはフィギュアしか見ませんでしたが、次回はすべて見る予定です。
今まではサッカー以外のスポーツにあまり興味がなかったのですが、
今回のフィギュアには魅了されました。

「キム・ヨナ選手がプロに行くかは分からないけど、
自分も勝ちたい気持ちはあるので、もし引退するとしても
キム・ヨナ選手の記録を塗り変えれるように頑張る」ですって。
うんうん、その意気です!
真央さんは、本当に体が柔らかくてスタイルよくて
可愛らしくて純朴そうですよね~。

一方のキム・ヨナ、100万ドルを手にするとかしないとか、
黒い噂がありますね。媚びたような踊り。
正直あの高得点は異常としか思えません。

キム・ヨナに勝つことで名実ともに世界のトップだといえます。
浅田真央さんもスランプを克服しての銀メダルですから、価値
ありですね。



フィギアスケート トラックバック:- コメント:-

浅田舞さんが始球式で投球

最初、浅田舞さんが浅田真央さんのお姉さんということを知りません
でした。CMに出ていたのを見て姉妹ということが分かりました。
浅田舞さんが始球式に参加していたのですね。

浅田舞さん始球式「練習では届いたのに…」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100418-00000500-sanspo-base

女子フィギュアスケート銀メダリストの(バンクーバー冬季五輪)
浅田真央さんのお姉さんで、フィギュアスケート選手の浅田舞さんが
17日に西武ドームで行われた西武ー日本ハム線の始球式に
登場したそうです。

浅田舞さんの投げたボールはノーバウンドで本塁へ届かなかったとか。
舞さんは練習時には届いていた投球が、本番では届かなかったのを
悔しがっていたそうです。

浅田舞&真央 スケーティング・ミュージック2008-09

妹の浅田真央さんが凄く有名になってしまいましたね。、
何かと脚光を浴びてきただけに舞さんの存在は薄くなりがちでした。

でもしっかりものの舞さんも18日からテレビ朝日系「速報!スポーツLIVE」で、
コーナーを担当することが決まったそうです。
題して「舞のシャッターチャンス」というコーナーで、
初回は“氷上のあやや”こと女子フィギュア会において、
期待の大型新人「村上佳菜子」を取材しているそうです。

二人は幼いころから一緒に練習を積んでいて、
「佳菜ちゃん」「舞ちゃん」と呼び合う仲の良さなのだそうです。

インタビューも滞りなく終わり、
現役のスケーターはスポーツキャスターとしても
滑り出し上々のスタートを切りました。
選手にしか分からない話題も引き出せそうなので、
舞さんのキャスターぶりは是非見ておきたいものだと思いました。

ぜひ浅田舞のスポーツキャスターの様子を見てみたいです。そのまま
芸能人になってしまうのでしょうか。


フィギアスケート トラックバック:- コメント:-

浅田真央が銀メダルの時のテレビの視聴率は最高でした

今年のフィギアは日本人が大活躍でしたね。テレビの視聴率も最高の記録を
打ち立てたようですね。私もテレビを見ていたぐらいですから、日本中が注目
していました。

真央銀メダルの女子フィギュアフリーで視聴率最高46.2%記録
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100301-00000517-sanspo-ent

NHKで2月26日昼(後0時10分~2時25分)に放送された浅田真央(19)、
安藤美姫(22)らが出場したバンクーバー冬季五輪の
フィギュアスケート女子フリーの平均視聴率が、
関東地区で平均36.3%、最高46.2%を記録したことが1日、
ビデオリサーチ社の調べで分かったそうです。

高視聴率を叩き出した女子フィギュアでは浅田真央(19)=中京大=は
合計205.50点で銀メダル、安藤美姫(22)=トヨタ自動車=は
合計188.86点で5位、鈴木明子(24)=邦和スポーツランド=は
合計181.44点で8位と日本勢が大健闘したとのこと。

浅田真央奇跡の軌跡

わたしは出かける用事があったため録画して後になって観ましたが、
感動しました。
真央さんも安藤さんも鈴木さんも、みなさん輝いていましたね、
何かに夢中になっている人ってキラキラしていて本当に素敵。

真央さんがずっと悔し泣きしていて、相当に無念だったんだろうなぁ、
と貰い泣きしてしまいました。
真央さんはもっと明るい曲で踊った方が似合うのかな?と思いました。
真央さんが今回踊った♪Bells of Moscow♪は迫力のあるカッコイイ
選曲だったと思いますが、真央さんの表現力が追い付いていないかな、
ってちょっと感じたのです。
ド素人ですが。

浅田真央さんをはじめ次のオリンピックのメダルも期待できる日本人選手
達ですね。

フィギアスケート トラックバック:- コメント:-

| スポーツ日記帳TOP |

<

| このページの上へ |

為替変動要因
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。