スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

石川遼がツアー新の「58」で大逆転

石川遼の魅力を引き出した大会ですね。新記録で逆転優勝というの
ですから。今期の初めての優勝なのでこれからが本番と言うところ
ですね。

石川遼が今季初V!ツアー新の「58」で大逆転/国内男子
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100502-00000531-sanspo-golf


男子プロゴルフツアーの中日クラウンズの最終日が、
5月2日に愛知県東郷町にある名古屋ゴルフ倶楽部和合コースで行われました。

その大会には“おばさまファン”の多い石川遼くんも出場しており、
現行のツアー制度が施行された73年以降では最少スコアの58を記録し、
逆転優勝を果たしたそうです。

石川選手は通算13アンダーで前日まで首位だった丸山茂樹さんと、
6打差あったところを逆転して今季初優勝を掴み取ったそうです。

しかも今までの国内ツアー18ホールの最少記録が、
03年アコムインターナショナル第一ラウンド(R)で出した
倉本昌弘さんの59が最高だったようですから、
その記録も今回塗り替えてしまった事になります。

18歳の青年がその記録を破ったというのもスゴイ事だと思います。
海外では今一つ成績を残せない石川選手ですが、
国内のツアーでは実力を出し切ることができて、
素晴らしい記録を次々とたたき出しているので本当に感心してしまいます。

日本にも海外で通用するプロゴルファーがいるのだというのを、
女子ゴルフだけでなく男子ゴルフでも見せつける事が出来れば、
もっとゴルフ自体の知名度も上がると思うので、
石川選手にはもっともっと頑張っていい成績を残してもらいたいですね。

宮里藍もアメリカで3勝しましたね。男子では石川遼が続くといいですね。

月刊石川遼(vol.2)

スポンサーサイト

ゴルフ トラックバック:- コメント:-

宮里藍のおかげで世界的

日本の女子ゴルフ界も宮里藍のおかげで世界的になってきました。

日本の宮里藍ちゃんが開幕2連勝という快挙を達成しました。
アメリカ女子ツアーのシーズン第二戦HSBC女子チャンピオンズは、
シンガポールのタナ・メラCCで行われました。

前の週のホンダPTT LPGAタイランドでも優勝を飾った
宮里さんは7バーディー、4ボキーの3アンダー69をマークし、
通算で10アンダーとして逃げ切りで開幕2連勝を飾ったのです。

 宮里藍 ベストショット USA Vol.1,2,3

これはかなりスゴイ事で、
開幕からの連勝を飾るのは1966年マリリン・スミス以来、
実に44年ぶりだと言います。

出だしは苦しい試合展開になった藍ちゃんですが、
首位の座から落ちた時に開き直る事が出来たそうで、
それが返って自身のプレーにも良い影響を与えることになったようです。

圧巻だったのは11番からの3連続バーディです。
パットがとくに冴えていて中には12メートルもあるパットを
沈める余裕さえ出てきていたようです。

藍ちゃんは4歳でゴルフを初めて宮城の東北高時代の03年に、
ミヤギテレビ杯を史上最年少の18歳で獲得し、
その後プロに転向しました。
賞金ランクにも上位になった事もありますし、
沖縄県出身の藍ちゃんは長男の聖志さん、次男の優作さんもプロとして
活躍している人だそうです。

一家でゴルフをしているなんてなんて環境に恵まれた人なんだろうと
私は逆に羨ましくなってしまいます。

昨日、宮里藍がなんとそのあと3連勝を達成したのです。アメリカで今期
3度目の優勝ということです。

ゴルフ トラックバック:- コメント:-

「つるやオープン最終日」の石川遼

ゴルフの石川遼君の昨年度は活躍しましたね。最年少で優勝したり、
アメリカツアーにも参戦したり・・・。今年は、まだ本調子ではない
ようです。しかし、じょじょに調子が出てくるでしょうね。

遼イラッ!集中力欠きチャージ不発
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100426-00000006-dal-golf

「つるやオープン最終日」4月25日に行われました。
石川遼くんは首位と4打差の2位という出だしでしたが、
3バーティー、3ボギーの71という結果に終わってしまい、
通算6アンダーの11位に終わったそうです。

試合が始まる前までは逆転Vを目指してチャージをかけたようですが、
すっかり不発のまま終わってしまったようです。

優勝が絶望的になった17番パー5のコースでは、
ティーショットを左に曲げてしまった事に対し、
思わずクラブを地面に振りおろして苛立ちを露わにしていたとか。

いつも冷静な石川遼選手には珍しいシーンですが、
スコアが思うとおりに伸びずイライラする気持ちは
プロのゴルフ選手でも同じなんだと思うと、
私は逆にホッとした部分がありました。

月刊石川遼(vol.2)

とはいえ、若干18歳でプロに転向し、
ここまでの活躍ができたという事自体がスゴイ事だと思うので、
試合の結果にあまり囚われることなく、
気持ちを切り替えて次の試合に挑んでいただきたいですね。

世間は色々と言う人も多いですが、
昨年に実績など割り切って初心に戻る気持ちでプレーを
続ければきっと結果はついてくると思います。

そしていつも冷静で落ち着いたプレーを心掛けるようにすれば、
精神的にも大人に近づけるんじゃないかとも、思いますが・・。

今年の注目は、アメリカで活躍できるかどうかですね。その前に、
もう少し試練があるかもしれませんね。

ゴルフ トラックバック:- コメント:-

| スポーツ日記帳TOP |

<

| このページの上へ |

為替変動要因
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。