FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

転職の理由

転職理由としてよく耳にするのが、給与面に対する不満足で、転職理由のランキングでも常時トップをキープしています。

リクナビNEXTでは「退職理由のホンネランキング」を紹介していますが、仕事自体に満足感を得ることができない、あるいは上司とうまくやっていけないなど、現在の職場で何らかの深刻な問題を抱えている場合に、転職を決断するケースが多いことがうかがわれます。

現在の仕事に対する不満ばかりを抱いて転職すると失敗することが多いと言われています。その理由は転職後にその不満が必ず解消されるとはかぎらず、同じ様な問題に直面して転職を繰り返す可能性が高くなるからです。

逆に「新たな仕事にチャレンジしたい」、「今までのキャリアを生かしてさらにステップアップしたい」などの前向きな理由による転職は、それなりの心構えや準備、あるいは希望先の業種や企業の研究を十分に行うことが普通であり、成功する確率が高くなります。

転職者の満足度が高いという記事を転職支援サイトなどで見かけることがあります。

しかし、あまり鵜呑みにすることは危険です。なぜなら、転職して後悔している人はアンケートに答えることには消極的であるため、調査結果にはあまり反映されないからです。

このような集計データに安心感を持ち、転職できれば何とかなるという甘い考えを持つことは非常に危険です。

自分の気持ちを整理し、現在抱えている問題が転職することによってしか解決できないものであるかどうかをしっかりと考えた上で、行動することが重要です。

仕事に就くということは、生活が安定するということです。足が地について働くことができなければ何事もうまくいきません。

意に反する転職を繰り返す悪循環に陥ると生活の潤いがなくなってきます。

転職に一歩踏み出す前に、頭の中にある転職理由が本当に妥当なものであるかどうか、今一度考え直してみてはいかがでしょうか。

それでもなおかつ転職する気持ちに変わりがないのなら、前向きな転職理由に変わる様に心掛けることですね。

未分類 トラックバック:- コメント:-

<< 内職商法 | スポーツ日記帳TOP | 一戸建てとマンション >>

<

| このページの上へ |

為替変動要因
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。