スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

バンクーバー冬季五輪での様々なドラマ

バンクーバー冬季五輪では様々なドラマがありました。そのなかでも
フィギアスケートは日本中が期待していた種目ですね。メダル7個と
いうのも前回よりは良いのでしょう。

バンクーバー冬季五輪に出場した日本選手団が3月2日に帰国し、
メダルを獲得した7選手は、都内のグランドプリンスホテル新高輪で
橋本聖子団長とともに記者会見を行い、フィギュアスケート銀メダルの
浅田真央さんは「嬉しさ半分、悔しさ半分」と笑顔を交えて報告してい
ましたね。

浅田真央、18歳

感動させていただき、ありがとうございました。
わたしはフィギュアしか見ませんでしたが、次回はすべて見る予定です。
今まではサッカー以外のスポーツにあまり興味がなかったのですが、
今回のフィギュアには魅了されました。

「キム・ヨナ選手がプロに行くかは分からないけど、
自分も勝ちたい気持ちはあるので、もし引退するとしても
キム・ヨナ選手の記録を塗り変えれるように頑張る」ですって。
うんうん、その意気です!
真央さんは、本当に体が柔らかくてスタイルよくて
可愛らしくて純朴そうですよね~。

一方のキム・ヨナ、100万ドルを手にするとかしないとか、
黒い噂がありますね。媚びたような踊り。
正直あの高得点は異常としか思えません。

キム・ヨナに勝つことで名実ともに世界のトップだといえます。
浅田真央さんもスランプを克服しての銀メダルですから、価値
ありですね。



フィギアスケート トラックバック:- コメント:-

<< 間寛平がマラソンとヨットで世界一周を目指しっているのを一時中断して癌治療 | スポーツ日記帳TOP | ウォーキングを楽しむための注意点 >>

<

| このページの上へ |

為替変動要因
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。