スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ウォーキングを楽しむための注意点

ウォーキングは手軽な運動だと思います。しかも自分の体調や運動能力に応じて
調整することが出来ます。最近では、明け方、ウォーキングに挑戦している人を
多く見受けます。若い人からお年寄りというように、年齢も幅があります。

ウォーキングは高齢者の方が手軽に始められるスポーツですね。
ウォーキングは、体力レベルの低い人や運動不足の人でも気軽に始められます。
「健康づくりのために何か運動でも」と思っている方は、とりあえず歩いてみて
はいかがでしょうか。

ウォーキングについて、長く楽しむための注意点をまとめてみました。

・身体の左右のバランスを崩さない
身体の左右のバランスを崩したまま長時間歩くことで、骨格のゆがみが生じ、膝
や腰を痛めかねません。
肩に掛けるショルダーバッグなどは、左右のバランスを崩す原因になりますので、
デイパック(リュックサック)を使うようにしましょう。
また、道路は真ん中が上がり左右にかけて下がっていることが多く、微妙に傾斜し
ています。
同じ方向に傾いた道を長時間歩くことで身体のバランスも崩れやすくなります。
行き帰りで違う傾斜になる道になるよう工夫しましょう。

・できるだけ芝生や土の上を歩く
膝やかかとへの負担を減らすため、舗装路はなるべく避けましょう。
森林公園や運動公園の利用をおすすめします。
公園までの行き帰りには自転車を使うのもいいでしょう。

・トレーニング量の管理は距離ではなく時間で行う
距離を目安にすると、距離を増やすことが目標になりやすく、ウォーキング自体が
重荷になりがちです。
歩く時間を目安にして、体調のよい日は速く歩き、悪い日はゆっくり歩くようにし
て、その日の体調にあわせて調節するのがよいでしょう。
ただし、時間を決めたからといって「あと何分(もある)」と時計ばかり見ている
のは返って逆効果です。

ウォーキングを朝早くとか、夕方から夜にかけて行う人が増えています。特に気を
つけたいのは、防犯に対する予防も考慮に入れてウォーキングを楽しみたいもので
す。少しでも安全に不安があれば、場所を変更するのも良いかと思います。

ウォーキング100のコツ



ウォーキング トラックバック:- コメント:-

<< バンクーバー冬季五輪での様々なドラマ | スポーツ日記帳TOP | 石川遼がツアー新の「58」で大逆転 >>

<

| このページの上へ |

為替変動要因
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。