スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ゴルフスイングのドライバーで飛距離を出す

ゴルフプレイヤーの最大の願いがあります。
ロングホールでドライバーで飛距離を伸ばして、
バーディ・イーグルなどを取ることですね。


ゴルフクラブの中でドライバーといえば1番ウッド(1W)です。
基本的にもっとも飛距離が出るように設計されているクラブになります。
一般にウッド形状のクラブはアイアン形状のクラブよりも飛距離を出しやすく作りです。

1番ウッド(ドライバー、1W)
2番ウッド(ブラッシー、2W)
3番ウッド(スプーン、3W)
4番ウッド(バッフィー、4W)
5番ウッド(クリーク、5W)
などと呼ばれています。


ドライバーは飛距離を出すためにシャフトも長く、ヘッドも重いですね。
従来は、ヘッドはパーシモン(柿の木)など木製がほとんどでした。
現在は素材の入手が難しいですね。


量産ができないなどの理由からチタンなどメタル製やカーボンと
メタルの複合製のウッドになっています。
それらのドライバーがゴルフクラブの主流です。


また最近、競技向けでは、SLEルール適合の低反発ドライバーが使用されています。
これはあくまで競技用ですね。
一般ゴルファーは高反発ドライバーで楽しみましょう。


ゴルフスイングのドライバーで飛距離を出すには、
ショットのときに、こころもちお尻の位置を高くします。
そして体重をつま先寄りに乗せて構え、少し前のめりの感じになります。


こうすることで下半身が安定します。
体の中心に力が入った状態でドライバーの打ち方が上手になりますね。
これが飛距離アップにつながります。




PR ソフトボールの投げ方に興味がありませんか。

スポーツニュース トラックバック:- コメント:-

| スポーツ日記帳TOP | フットサルとは何でしょうか >>

<

| このページの上へ |

為替変動要因
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。